ChatGPTがフリーランスエンジニアに与える影響

未分類

AI技術の進化によって、多くの業界での業務自動化やプロセス改善が進んでいます。その中でも、自然言語処理技術を用いたチャットボットや自動文章生成技術は、多くの企業で導入が進んでいます。そんな中で、OpenAIが開発したChatGPTは、自然言語処理技術を使ったAIモデルであり、その高い自己学習能力から、フリーランスエンジニアにも様々なメリットをもたらす可能性があります。この記事では、chatGPTがフリーランスエンジニアに与える影響について解説します。

chatGPTがフリーランスエンジニアにもたらすメリット

フリーランスエンジニアは、プロジェクトの進行管理やタスクの優先順位付け、新しい技術の習得など、多くの業務に取り組まなければなりません。その中で、chatGPTがフリーランスエンジニアはにもたらすメリットは、以下の通りです。

自身のスキルアップ促進

  • chatGPTは、自然言語処理における最先端の技術の1つであり、言語生成や文章要約、対話応答などの分野で高い精度を発揮しています。をフリーランスエンジニアが活用することで、新しい技術や業務に対しての知識習得やスキルアップが促進される可能性があります。
  • chatGPTは、プログラミング言語の文法や構文についても知っています。このため、フリーランスエンジニアが新しいプログラミング言語を習得する際に、chatGPTが文法や構文の解説やサンプルコードの提供を行うことで、効率的な学習支援が可能になります。

ウェブページ作成の自動化

  • ウェブページ作成に文章の自動生成などの技術をchatGPTが提供することで、フリーランスエンジニアがウェブページ作成に要する時間や手間を大幅に削減することができます。

自身のスキルアップを促進する例 – プログラミング言語学習の場合

chatGPTがプログラミング言語学習をどのように支援するかについて、具体的な例を交えて解説します。例えば、Go言語を学習したいフリーランスエンジニアが、chatGPTを利用することで、以下のような質問が可能になります。

「Go言語でスライスを扱う際に、append関数を使った場合、スライスの長さがどのように変化するのか教えてください」

このような質問に対して、chatGPTが適切な回答を自動生成することで、フリーランスエンジニアがスムーズな学習を促進することができます。

実際にchatGPTからの返答を記入します。

Go言語では、スライスを拡張するために、組み込み関数であるappend関数を使うことができます。append関数を使ってスライスを拡張すると、以下のようにスライスの長さが変化します。

  1. スライスの容量が足りる場合
  • スライスの容量が足りている場合、append関数はスライスの末尾に要素を追加し、スライスの長さを1増やします。
  1. スライスの容量が足りない場合
  • スライスの容量が足りない場合、append関数は新しい配列を作成し、元のスライスに新しい配列を追加して、新しいスライスを作成します。このとき、スライスの長さは1増やされますが、容量は2倍に拡張されます。

なお、スライスの容量が足りない場合でも、明示的にcap関数を使ってスライスの容量を拡張することができます。

このように丁寧に回答してくれ、学習時の先生として利用することができます。

また、Pythonなどのプログラミング言語を使って、OpenAIが提供するGPT-3 APIをより効果的に利用することもできます。APIを利用したプログラムの開発や自分独自の自習システムの構築が可能になります。2023年3月現在、公式からはPythonとNode.jsのライブラリが提供されています。

ウェブページ作成の例

また、chatGPTがフリーランスエンジニアのウェブページ作成にどのように役立つかについて、具体的な例を交えて解説します。

例えば、フリーランスエンジニアがウェブページを制作する際に、以下のような画像処理や文章生成の技術をchatGPTが提供することで、作業効率を大幅に向上させることができます。

  1. テキストの自動生成や要約
    • クライアントの要望をもとに、chatGPTが自動でテキストを生成することができます。生成されたコンテンツは、クライアントが要求する形式に合わせて調整することができます。例えば、chatGPTに「もう少しポップに」や「もう少し堅い調子で」などとニュアンスを教えることでテキストの調整がしやすくなります。
  2. レイアウトの自動化
    • 生成されたコンテンツを、自動でレイアウトすることができます。例えば、chatGPTを利用することで、自動的にテキストを段落に分けたり、見出しを設定したりすることができます。「HTMLでテーブルにして欲しい」というとマークアップ言語を生成してくれます。そのほか、GPT-4はマルチモーダルで画像なども扱えるということで、現在は画像入力機能は公開されていませんが、そのうち画像のレイアウト調整なども可能になると思われます。

まとめ

以上のように、chatGPTは、フリーランスエンジニアにもたらすメリットが多くあります。プログラミング言語学習などスキルアップ支援、ウェブページ作成の自動化など、chatGPTを活用することで、フリーランスエンジニアの作業効率を向上させることができます。

ただし、chatGPTはまだ開発途上の技術であり、完璧なシステムとして利用できるわけではありません。APIの利用には一定の料金が必要であったり、GPT-3 APIに対応していない言語があったりするなどの課題も存在します。

特に、APIを介さずWEBインターフェース上で入力した情報は学習に利用されると規約に書かれているため、クライアントとの機密情報は入力しない注意が必要です。

それでも、chatGPTを上手に活用することで、フリーランスエンジニアが自己学習を促進し、プロジェクトの効率化や業務改善につなげることができると考えられます。

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました